ぎっくり腰 原因 治療 対処 治し方 

ぎっくり腰の原因と治療の詳細情報はこれだ!直ぐにご確認ください。

スポンサーリンク

ぎっくり腰とは腰の部分に痛みがある際に内情疾患が原因でなくレントゲン検査などでも異常がない症状の総称で急性腰痛の代表的な症状です。
ぎっくり腰の原因と治療はさまざまで、このサイトではでその概要について以下で説明し、原因など別に治療と対処について別ページで詳細に説明していきます。
興味をもった方は是非ともお気に入りにいれてください。
中腰で物を持ち上げる、急に立ち上がる、前かがみになるなどの動きをした際に発生する場合が多いです。
ぎっくり腰は急性腰痛の一種なので筋肉や神経や関節などへの急な負荷や緊張や疲れなどが原因と考えられています。
また、運動不足や肥満や全身の疲れなどが原因で血行が悪くなり筋肉疲労が起こりそれが原因でぎっくり腰が起こる場合もあります。
ぎっくり腰の対処法をしてはまず応急処置として安静にすること、患部を冷やして炎症を抑えることです。
コルセットやサポーターを使用するのも対処法としては有効です。
また、ぎっくり腰ではなくほかの病気が原因で腰に痛みを感じている可能性もあります。
足にしびれがある、足の感覚がマヒしているなどの症状を感じる際には注意が必要です。
これらの症状がみられる際にはなるべく姿勢を変えずに救急車を呼ぶなどして専門医の診療を受けましょう。
また、ぎっくり腰は癖になる場合もあるので治療後も予防策をとり対処するようにしましょう。
対処法としては正しい姿勢を意識する、急な動作をしない、疲れを溜めない、適度な運動などが大切です。

スポンサーリンク

ぎっくり腰の原因としては筋肉疲労、骨盤のゆがみ、急な過負荷、生活習慣、体重や筋肉のバランス、内臓や脊髄の病気の可能性などが考えられます。
症状としては動作の瞬間に急に激痛を感じ動くことが困難になる、最初は違和感程度だったが時間経過とともに症状が悪化する、上半身を起こせなくなる、痛みで歩行が難しくなる、くしゃみや咳などで痛みが強くなるなどがあります。
対処法としては楽な体制を見つけ安静にして激痛を感じた直後には患部を冷やし痛みが緩和されてきたら患部を温めることで血流の循環を促し対処することが有効とされています。
患部が熱を持っている痛みを感じた直後には冷やして痛みを和らげ痛みが引いてきたら温めて血流を促進させることが回復を早める対処法とされています。
痛み止めの服用も対処法としては効果的です。
病院などで治療を行う際にはまず検査をされます。
その結果ぎっくり腰と診断されたら骨盤けん引、装具療法、神経ブロック注射、温熱療法、薬物療法などの治療が行われます。
症状に状況に応じてこれらの治療がおこなわれます。
骨盤けん引はまだはっきりとした論文や報告などがないため治療の効果が疑問視されている治療法ではあります。
人によって治療の効果も様々なので治療を行う際には注意が必要です。
腰痛の主な原因の一つとして腰に疲労がたまることが考えられるので腰に疲れを溜めないようにしましょう。

スポンサーリンク