ぎっくり腰 湿布 おすすめ

ぎっくり腰におすすめの湿布とは

スポンサーリンク

筋肉が炎症を起こすことで、強い痛みを腰に感じるのが、ぎっくり腰です。
その痛みは実際にぎっくり腰を起こしたことのある人しか分からないものですが、立つことはもちろんのこと、寝返りをうつことすら難しいと言われるほどの激しい痛みです。
ぎっくり腰を治すという方として、まず強い痛みがある時には痛みが軽減される楽な姿勢で過ごすという事が基本となりますが、痛みを早期に和らげる方法として、湿布を使用する方法があります。
温湿布と冷湿布がありますが、ぎっくり腰には、冷湿布がおすすめです。
冷湿布には患部を冷やすという効果はそれほどありませんが、消炎成分が配合されているものもありますので、そのようなものを使用することで、筋肉の炎症を抑える効果を期待することが出来ます。
なお、ぎっくり腰のある患部を冷やすのは強い痛みを感じている発症後3日程度で、その後は患部を温めたほうが回復が早いと言われていますので、湿布を使用する場合には時期によって使い分けることをおすすめします。

スポンサーリンク

ぎっくり腰はある程度痛みが治まったら、温めることをおすすめします。
常に患部を温めることが出来る方法として、ホッカイロを使用する方法や湯たんぽを使用する方法があります。
また、全身の血行を良くする方法として、入浴がありますが、脱衣室で体が冷えてしまうと、痛みが再発する可能性がありますので、注意が必要です。
脱衣室で体が冷えないように、着替えをする時には室内を温めておくようにすることをおすすめします。
湿布は症状そのものを治す効果は期待することが出来ません。
また、長時間貼り付けていると、肌が痒くなってしまったり、かぶれてしまう可能性がありますので、使用する場合には様子を見ながら行うようにすることをおすすめします。
貼り直す場合には、貼り付ける部位をずらしたり、時間を開けて貼り直すようにすることをおすすめします。
痛みが数日経っても軽減されないという場合には、病院に相談をし、治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク