ぎっくり腰 お尻 痛い 原因

ぎっくり腰はお尻の筋肉が痛いということが原因の場合があります

スポンサーリンク

ぎっくり腰は腰を使いすぎることや負担がかかった時になってしまうという雰囲気があります。
しかし実際にはお尻が痛いということが原因である場合が多いということがあります。
ぎっくり腰がお尻が痛いことが原因で起こる原因としては筋肉の凝りということがあります。
足の付根まで走っている坐骨神経を筋肉の凝りによって刺激することで痛みが出るということがあります。
筋肉が凝る原因としては様々あって加齢や運動不足などによって筋肉が固まってしまうということが一番大きいといえます。
ぎっくり腰だけでなく様々な症状がお尻の筋肉の凝りによって発生しているので痛い原因を軽減させることが必要です。
そのためには毎日のケアが非常に大切になってきます。
実際に筋肉が固くなっているので毎日欠かさず行うことが大事です。
筋肉が凝っているということは、その部分を柔らかくしていくということが重要になってきます。
テニスボールなどを使って筋肉の固まっている部分に当てて動かします。

スポンサーリンク

それを毎日するというだけで、ぎっくり腰の原因として考えられるお尻が痛いという原因を防ぎ全身の血行を促進させるということができます。
何十分もする必要があるのではと思うかもしれないですが、実際には1日に数十秒程度で効果があらわれてきます。
それでも問題がある場合には寝た姿勢で膝を立てて右と左に倒すという方法があります。
とにかくぎっくり腰を何度もしているとくせになってしまう可能性があります。
そうならない為にはお尻が痛いと感じた時点で早めに原因を取り除くことが第一です。
とにかくぎっくり腰は突然にやってきます。
お尻が痛いと思ったら気をつけてストレッチなどをするということが大切になってきます。
筋肉が固くなってしまうということがぎっくり腰を招いてしまうことになってきます。
日頃、運動不足だと感じている場合や座りっぱなしの仕事などの場合には、一定時間毎にストレッチなどをすることで筋肉を柔らかくするころが大切になります。

スポンサーリンク