ぎっくり腰 左側 痛い

左側が痛いぎっくり腰の理由とは

スポンサーリンク

ぎっくり腰というと、左右どちらにも痛みを生じるというイメージががありますが、実は左側だけ、右側だけなど左右どちらかが痛いと感じるという人もいます。
ぎっくり腰で左右どちらかだけが痛いという場合には、骨盤が歪んでいる場合や腰椎の筋肉のどちらかに炎症が起きていることが考えられます。
もし、左側の筋肉に炎症があるという場合には、左側の腰が痛いでしょうし、右であれば逆になります。
また、椎間板が変形しているという場合も左右どちらかが痛いという症状が起きやすいと言われています。
椎間板が変形し、神経が圧迫されると、腰に疲労が溜まります。
その結果、ぎっくり腰になりやすく、椎間板の変形が左右どちらにあるかによって痛いと感じるのが左側であったり、右側であったりします。
ぎっくり腰は、筋肉の疲労や冷え、急な動きなどが引き金となることが多いため、普段から腰を冷やさないようにしたり、疲労が溜まらないような姿勢を心掛けるようにしましょう。

スポンサーリンク

ぎっくり腰の痛みの出方に関する噂として、腸の位置が関係しているというものがあります。
便秘気味である人では左側、逆に下痢気味の人であれば右側に痛みが生じると言われていますが、この噂には医学的根拠はありませんので、それほど気にする必要はないでしょう。
ただし、ぎっくり腰のような痛みが生じている場合でも、実際には痛みの原因がぎっくり腰以外にあるという事は十分に考えられます。
そのため、左側もしくは右側の左右一方が痛いという場合には、医療機関を受診し、痛みの原因を特定するとともに必要に応じて治療を受けるようにしましょう。
腎臓や脾臓、その他の内臓疾患が原因である場合もありますので、注意が必要です。
医療機関を受診するという場合には、症状にもよりますが、整形外科やかかりつけ医がいる場合には、かかりつけ医に相談をすると良いでしょう。
かかりつけ医に相談することで、症状に合わせて適した医療機関を紹介してもらう事が出来る場合もあります。

スポンサーリンク