ぎっくり腰 起き方 注意

ぎっくり腰は起き方にも注意を

スポンサーリンク

ぎっくり腰は腰の筋肉が炎症を起こしてしまっている状態で、酷い痛みが起こってしまいます。
海外では「魔女の一撃」とも呼ばれる酷い痛みがあるもので、ちょっと足を動かす、寝返りを打つというようなことでも痛みが襲ってきてしまうので、ベッドや布団に寝たきりになってしまうという人も少なくありません。
しかしずっと寝たきりになっているわけにはいきません。
普段のような起き方ではぎっくり腰の悪化を引き起こしたり、起きる事しかできないという状態になってしまうケースが多いので、注意が必要になります。
通常の起き方は多くの人が腹筋と背筋を使って上半身を起こしてから身体を回転させ、ベッドや布団から立つという起き方をします。
しかしぎっくり腰の場合にはこの起き方は注意が必要です。
まず背筋に力を入れることでぎっくり腰の痛みが酷くなってしまいますし、それでも無理をして起き上がろうとすると身体の他の筋肉を傷めてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

ぎっくり腰の時の起き方は、まず横を向いて両ひざを曲げます。
両手で敷布団を押して上半身を持ち上げ、四つん這いの姿勢になってから上半身を起こします。
ベッドの時には四つん這いの姿勢になる前に上半身を起こしながら足を床におろすようにします。
注意点としてはやはり無理をしないということになります。
ずっと寝たままだと筋肉が動かないのでぎっくり腰の治りが遅くなるとも言われていますが、逆に無理をすると症状が悪化するので起き方に注意をしつつ動ける範囲で動くようにすることも重要になります。
また、起き上がる時だけではなくベッドや布団に横になる時にも無理は禁物です。
ゆっくりと時間をかけて、痛みが生じないように注意しながら横になるようにします。
また、健康な人であっても起き方によってはぎっくり腰を引き起こしてしまうこともあります。
ある日突然何気ない動作で起こるのがぎっくり腰なので、普段から腰が痛いと感じている人はわずかな動作にも注意を払うようにしておきましょう。

スポンサーリンク