ぎっくり腰 湿布 ロキソニン

ぎっくり腰には安静ですが痛みにはロキソニンの湿布が効果的です

スポンサーリンク

ぎっくり腰になったときには、とにかく動かさずに安静にしているということが大切です。
しかし、ずっと安静にしているわけにもいかない場合があります。
そういうときには他の対策が必要になってきます。
ぎっくり腰は根本的に治すためにはしっかりとした治療が必要になってきます。
しかし、対処療法的な効果としては痛みを取ってあげるということがあります。
根本的な治療にはなりませんが痛みが取れることで楽になることは間違いない事実です。
そのために湿布があります。
特に一般的なのはロキソニンです。
湿布に限らず痛み止めとして非常に一般的に多用されています。
ロキソニンは頭痛や歯痛などに用いられることもあります。
ロキソニンには飲むタイプと貼るタイプがあります。
ぎっくり腰には貼るタイプの湿布を使用します。
鎮痛剤なので痛みが軽減します。
しかし多用していると体を冷やしてしまうなどの作用もあるので使い方には十分に注意をする必要があります。

スポンサーリンク

ロキソニンが特に効果を発揮するのが炎症が起こっている最中だといえます。
ぎっくり腰などでも同様で痛みが出ている時に貼ると非常に効果的です。
飲み薬の場合には非常に効果が強い反面、胃に負担がかかるため胃薬と一緒に処方されることが多いといえます。
貼るタイプの湿布の場合にはそのようなことはありませんが効果は飲むタイプより緩やかです。
しかし、患部に直接貼るために効果を実感しやすいということがあります。
痛みの出方によって湿布を貼る頻度を調整していくことが大切です。
もちろんぎっくり腰の根本的な治療には自分でもストレッチなどで筋肉の緊張をほぐすなどの対処も必要になってきます。
ぎっくり腰は痛みだけを抑えていても治ることはないからです。
そういう意味ではロキソニンの湿布は治療の間に痛みが出たときの一時的な対処という位置付けです。
しかし、ロキソニンによって痛みが軽減されれば回復に向けての意欲も増すなどの効果が期待できます。

スポンサーリンク