ぎっくり腰 痛み 止め 注射

ぎっくり腰に効果のある痛み止めの注射

スポンサーリンク

ぎっくり腰の痛みを止める方法として、様々な方法がありますが、その中の一つが神経ブロック注射という方法です。
神経ブロック注射とは、ぎっくり腰の痛みの原因である神経に痛みを止める効果のある薬剤を注射するという治療方法です。
神経ブロック注射をすることにより、ぎっくり腰の痛みを止め、軽減させることが出来ますので、痛みによって緊張していた筋肉の緊張が緩和され、血流が良くなります。
血流が良くなると、回復を早めることが出来るという効果を期待することが出来ます。
なお、神経ブロック注射で使用される薬剤としては、麻酔薬やステロイド剤などがあります。
注射は痛いというイメージがありますが、痛いのは確かです。
しかし、ぎっくり腰の痛みを止めることが出来ますし、快適に過ごすことが出来る様になります。
なお、治療頻度としては、1週間に1度程度です。
複数回治療を受けることにより、症状が解消されます。
ぎっくり腰に対する痛み止めの注射にはいくつかのタイプがありますので、医師と相談して上で決めるようにしましょう。

スポンサーリンク

ぎっくり腰に対する痛み止めに使用される方法として、注射だけではなく、内服薬を使用するという方法もあります。
内服薬としては、血行を良くする効果があり、自然治癒力を高める作用のあるもの、腰痛による精神的ストレスを軽減させることに加え、筋肉の緊張を抑える作用のあるもの、筋肉を緩める作用のあるもの、神経障害の回復効果を期待することが出来るものなどです。
ぎっくり腰になる原因は、筋肉の疲れや同じ姿勢でいること、悪い姿勢、肥満、悪い生活習慣などがあります。
それらを解消することにより、ぎっくり腰の予防につながります。
適度に運動をしたり、筋肉を鍛えるようにすることにより腰痛を軽減させたり、再発させるリスクを少なくすることが出来ます。
急な動きをすると、症状が出る可能性がありますので、日頃から重い物を持ったり、同じ姿勢を取り続けるような時、腰に違和感を感じるような時には無理をせず、必要に応じてコルセットなどを使用するようにしましょう。

スポンサーリンク