ぎっくり腰 ストレッチ いつから

ぎっくり腰のストレッチはいつから行なうべきか

スポンサーリンク

重い物を持った時、くしゃみをした時などに腰に強い痛みを感じ、その痛みのために体を動かすことが出来ないという状態をぎっくり腰と言います。
ぎっくり腰は、いつからか腰に違和感や弱い痛みなどの前兆を感じている場合も多くあります。
なお、ぎっくり腰で強い痛みを感じる場合には、安静が基本となります。
特に日常生活に支障をきたすほどの痛みを感じている場合には、痛みが和らぐような姿勢を見つけるようにし、その姿勢で過ごすようにしましょう。
数日間、安静にすることにすることにより、炎症が治まり、痛みが軽減されていくように感じているはずです。
痛みが軽減されているにも関わらず、ぎっくり腰の痛みの恐怖心から動かない、安静にし過ぎてしまうと、回復に逆効果となる可能性がありますので、注意が必要です。
痛みが軽減されてきたら、出来る範囲で体を動かしたり、ストレッチを行なうようした方が良いのですが、いつから行なうべきか不安に感じる人も多いようです。
いつからストレッチなどを行えば良いか分からない場合には、医師に相談しても良いでしょう。

スポンサーリンク

ぎっくり腰で痛みが軽減されたら、四つん這いになり、臍を天井方向に持ち上げるようにして背中を丸めていきます。
ゆっくりと息を吐きながら無理のない範囲で行うことが大切です。
次に、お腹を床方向に近付けるように腰を少し反らせるようにして同じように息を吐きながらストレッチしていきます。
ぎっくり腰の後にストレッチを行なう時には最初のうちは違和感や痛みを感じることもありますが、無理のない範囲で行い続けることで痛みが緩和されていくでしょう。
いつからストレッチを行なうか迷っている場合には、とりあえずストレッチを行なってみて、痛みや違和感がなければ続け、違和感があるようであれば中止をするようにしましょう。
いつから体を動かすことが出来る様になるかは個人差がありますので、いつから行なうのかを判断する際には、自分の体を観察してみて決めるようにしましょう。
また、腰に違和感を感じるようなことがあれば、ぎっくり腰前でもストレッチを行なうことで、症状悪化を防ぐことが出来るでしょう。

スポンサーリンク