ぎっくり腰 ヘルニア 見分け方

ぎっくり腰とヘルニアの見分け方について

スポンサーリンク

腰痛に悩まされた経験のある人は多くいます。
その中でも代表的な疾患として、ぎっくり腰とヘルニアが挙げられます。
両者は急性腰痛症と分類されます。
痛み方など共通する部分も多い2つですが、明確な見分け方があり、それを把握しておくことはとても重要です。
基本的にはヘルニアの方が病気としての危険度は高いと言えます。
ですから、ぎっくり腰なのかヘルニアなのかという見分け方を知らずに放っておくと、悪化してしまう可能性が十分にあります。
重症化してしまう前にいち早く発見・予防し、早期回復につなげるための見分け方を見て行きましょう。
まずは原因による見分け方です。
ぎっくり腰もヘルニアも腰に激しい痛みが生じます。
しかし原因は全く異なる場所にあります。
ぎっくり腰は主に筋肉が伸びたり筋膜が傷ついて痛みが出ているものです。
それに対してヘルニアは椎間板の内部にあるはずのゼラチンのような髄核が飛び出して神経を圧迫していることが原因です。

スポンサーリンク

中にはぎっくり腰でも椎間板の一部が損傷して痛みが生じていることもありますが、ヘルニアのように髄核が突き出して神経を圧迫してしまうことはありません。
次は症状による見分け方です。
どちらも突然激しい痛みに襲われますが、ぎっくり腰の場合には3日ほど安静にしていれば症状は治まります。
それに対してヘルニアは痛みが継続します。
したがって数日で痛みは消えません。
このように痛い期間が全く異なるのです。
また、痛む範囲での見分け方もあります。
ぎっくり腰はその名の通り、腰を中心とした痛みがあり、損傷した筋肉や腰椎の場所が変わっても痛みは腰だけにとどまっています。
これに対しヘルニアの場合は、重症になると足の痺れや感覚の麻痺などが起き、腰の症状だけでは済みません。
腰が痛くて歩けないのではなく、足の感覚が麻痺して歩行困難になってしまい、リハビリでは対応し切れず手術をする例も少なくありません。
以上のように2種類の腰痛にはいくつもの見分け方がありますが、外見から判断するのは難しいです。
ですから、病状が悪化する前に早めに検査を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク