ぎっくり腰 コルセット 位置 最適

最適な位置にコルセットを着けてぎっくり腰予防

スポンサーリンク

ぎっくり腰になりそうな違和感や痛みを腰に感じるという場合やぎっくり腰の痛みが軽減された時に使用することにより、痛みの軽減や再発を防ぐことを目的に使用するのが、腰痛コルセットと呼ばれるものです。
腰痛コルセットを使用する場合には、正しい位置に着用する必要があります。
腰痛コルセットを使用することで、ぎっくり腰予防効果も期待することが出来ます。
なお、腰痛コルセットの使用目的は、腰の動きを制限するとともに体幹を安定させるということです。
ぎっくり腰対策として使用されるコルセットには、簡易型・簡易型よりも厚手の生地で出来ており外装の内部にバネなどが埋め込まれている軟性型、プラスチックやセルロイド、金属などで出来ている硬性型があります。
最適な製品を選ぶという場合には、医師と相談した上で、一人ひとりに合わせたオーダーメイドで作ったものを使用することになります。
なお、固定力は簡易型・軟性型・硬性型につれて高くなります。

スポンサーリンク

ぎっくり腰などを予防するためにコルセットを使用する場合、最初に使用されるのが簡易型です。
せっかく使っても、最適な位置で使わなくては意味がありません。
最適な位置としては、ウエストライン上、腰骨が使用するコルセットの幅の真ん中に来るような位置が最適と言えます。
イメージとしては、骨盤と腰を包み込むようにすると良いでしょう。
なお、ぎっくり腰を予防する場合には常にコルセットを身に着けていることになりますので、最適な位置に着けていても、直接肌についた状態で使用してしまうと、かぶれてしまうため、着用する場合には肌着などを着た上から着用するようにしましょう。
また、最適な位置に使用しているにも関わらず、腰が反ってしまうという場合には、サイズが合っていない可能性があります。
サイズが適しているものを購入するか、丸めたタオルなどを隙間に入れるなどして、調整するようにすることが大切になります。
苦しすぎない程度にキツめに着用しましょう。

スポンサーリンク