ぎっくり腰 重症度 判断

ぎっくり腰の重症度の判断は大切

スポンサーリンク

ぎっくり腰は強い痛みを腰に感じるという事をイメージする人がほとんどでしょうが、人によって重症度は異なります。
ぎっくり腰の治療や対処法は、重症度によって異なりますので、正しい判断が大切になります。
ぎっくり腰の痛みにより、動くことが出来ないという場合には、重症度は高いと判断することが出来ますので、とにかく安静にするということを中心に行う必要があります。
ぎっくり腰では腰の筋肉に炎症が起きている事がありますので、患部を冷やすようにすると幾分痛みが和らぎます。
ぎっくり腰が発症してから数日経過すると、痛みは軽減されますので、動くことが出来ると判断することが出来るようであれば、体を少しずつ動かす、無理のない範囲でストレッチをするなどしていきます。
この時期には、患部を冷やすのではなく、温めることで血行を良くする事が出来ますので、早期回復につながります。
自分でぎっくり腰の重症度を判断することが出来なければ、医療機関に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

ぎっくり腰の重症度がそれほど高くはないと判断した場合には、日常生活を気をつけることで、症状が重くなることを予防することが出来ます。
腰痛コルセットや腰痛ベルトを使用することで、腰の動きを制限することが出来ますので腰への負担が少なくて済みます。
なお、重症度が低いと判断された場合でも、適切な対応をすることが出来なければ、重症化する可能性があります。
腰に痛みや違和感を感じた場合には、早期に対策をこうじるようにしましょう。
長時間同じ姿勢をし続けていると、腰に大きな負担がかかると言われています。
特に、座っている姿勢が長く続いた場合には、立っている状態に比べて腰への負担は2倍程度かかるとも言われています。
そのため、長時間座って過ごすような時には、定期的に姿勢を変えたり、時々ストレッチをするなどして、腰への負担を少なくするようにしましょう。
前かがみは腰への負担が高くなるので、正しい姿勢を心掛けることも大切です。

スポンサーリンク